ぽん日記


ドラクエ10楽しいうおおおお!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロコンテンツ用仲間モンスターについて考える



バージョン2.2から実装予定の「ソロプレイヤー用大型コンテンツ」には
仲間モンスターを1匹連れて行くことが出来る、と
りっきーが言っていたと思います。

ソロコンテンツがどういうものなのかはまだ情報が出てきてないのでサッパリ分かりませんが、
ソロでしか潜れない巨大な魔法の迷宮みたいな奴なんじゃなかろうかとは思います。

2.2までには「ソロプレイヤー用大型コンテンツ」を見据えた仲間モンスターを育成しておきたいところ。


しかし、現状では仲間モンスターの活躍できる場所が皆無であり、
結局一度も戦闘に出すことなく観賞用のペットとして飼い殺しにしている人が大多数を占めるでしょう。
かくいう私も仲間モンスターを出動させたことは2回くらいしかありません。
出動させたのは120スキル解放した時と、木クズさんにぶつけた時くらい。

どのモンスターが強くてどのモンスターが弱いのか…、
「みんな使ってないから正直誰にも分からない」というのが実情でしょう。

今から「ソロプレイヤー用大型コンテンツ」の為に育てておくべき魔物はどいつなのか?
ということを少し考えてみました。

いつも通り実際に自分で検証してみたわけではなく、
伝聞や妄想を多分に含んでおり事実と異なることを記載している可能性がある旨ご留意ください。





◆僧侶型モンスター

たぶん、仲間モンスターの中で
この僧侶型が一番使いやすいタイプです。

僧侶型の最大の利点は、スキルポイントを耐久力に振れること。

アタッカーの魔物達は攻撃力にスキルポイントを割り振らざるを得ず、
どうしても耐久力が犠牲になります。
(アタッカーが攻撃力を捨てて耐久力に振ると、
低攻撃力・微妙耐久力という扱いに困る物が出来上がる)

ちなみに、僧侶型の魔物達も攻撃特化にして殴るととても強いです。
キメラのフェザーストームやホイミンのミラクルスピンは強烈。
しかし前述の通り攻撃特化にすると耐久力が犠牲になるので、オススメはできない。
AIがあまり賢くないので、思ったように攻撃してくれないことも多い模様。
攻撃関連のスキルはスパッと切ってしまった方がよいと思います。


通常の冒険で連れ歩く際には人間の「僧侶」がライバルになるわけですが、
僧侶型の魔物達は人間の僧侶に対して明確なアドバンテージを持つことができます。

5回転生時に選べる追加スキルライン「きょうか」を選択してやれば、
僧侶でありながらピオリム&バイキルトも使いこなすという
魔戦と僧侶のハイブリット型チート生命体が誕生します。
バザックスを狩る時なんかにこのタイプの魔物がいると、
バイキ役と回復役を一手に任せることが出来て非常に便利です。


「ソロプレイヤー用大型コンテンツ」に連れて行く際にも、
僧侶型が最も連れて行きやすく、最も強力なタイプになるのではないかと思います。
なにせ魔物1匹で回復(僧侶)と補助(魔戦)の二つの役割を担当してくれるわけなので、
我々は心置きなくアタッカー職を繰り出すことが可能になるわけです。

自分と仲間モンスターという二人パーティを想定した場合、
自分「オノ戦士」&仲間「バイキ持ち僧侶型魔物」
という組み合わせが最もバランスのとれたド安定構成になるのでは?

あんまり無いとは思いますが、万が一、
ソロダンジョンの敵がめちゃくちゃ強くてちゃんと対策しないとクリアできない!
という衝撃の高難易度だった場合にも
自分「僧侶」&仲間「バイキ持ち僧侶型魔物」
という組み合わせが最適解になるんじゃなかろうか。

もし次に育てる魔物を迷っていたら、
とりあえず1匹はこの僧侶型の魔物を育てておくと良いと思います。






ホイミスライム
現状の仲間モンスターのラインナップの中で、
ホイミスライムが一番実用性が高く、汎用性もある魔物だと思います。

他のモンスターを評価する際にも、
「ホイミンと比べて」という評価の基準としています。

まず「ホイミン流回復術」で習得できる魔法がとても優秀。
ザオラル、ベホイム、ベホマラーと、僧侶が欲しい呪文がこのスキルラインだけで全て揃う。
唯一、ベホイミが無いのだけが残念ですが、代わりにベホイムがあるので大した問題にはなりません。

「ホイミン流回復術」でベホマラーまで取得し、
追加スキルの「きょうか」と「HPアップ」に残りポイントを全振りしてやることで、
ザオラル、ベホマラー、スクルト、フバーハ、ピオリム、バイキルトを使いこなし、
耐久力も非常に高いという化け物が誕生します。

貫禄のド安定モンスターと言えるでしょう。

参考までに、私のホイミンのスキル割りを載せときます。
仲間モンスター用スキルシミュレータ(ホイミン)






キメラ
ホイミスライムに次ぐポテンシャルを秘めたハゲ。
僧侶型の魔物として欲しいポイントはしっかり抑えつつ、
「キメラのつばさ」で実質ルーラストーンが一個増えるというのが最大のセールスポイント。

「キメラのいやし」で習得できる魔法はベホイミ、ベホマラー、ザオラル。
「ホイミン流回復術」の唯一の欠点であったベホイミを補完しており、
僧侶型モンスターのスキルラインとしては間違いなく最強。


ただし、ホイミスライムと比べると以下のような欠点があります。
・基本ステータスが低い
・盾が装備できない
・「キメラのはばたき」にポイントを振る分、耐久力に振るポイントがなくなる

ホイミンのステータスと比べると、
HP-30、MP-30、みのまもり-10、回魔-30。

これだけキメラのほうが劣っています。
特にHPが30も劣っているのはかなり痛い。
キメラのHPは全仲間モンスターの中でも最低値です。かなり痛い。

ホイミンが盾を装備できるのに対し、
キメラは盾を持てないので耐久力の差はさらに広がります。
まさか腕の本数の差が直接戦闘力に響いてしまうとは…。

ホイミンと同じようにスキルポイントを割り振ってしまうと、
基本ステータスに差がある以上ホイミンの劣化になってしまいます。
キメラの特徴を活かす為にも「キメラのはばたき」へのポイント割り振りは必須。
(キメラのつばさが使える12ptは最低でも必要)

しかし当然、「キメラのはばたき」に振った分だけHPアップに振れるポイントが減ってしまいます。
キメラのつばさまで振っただけでも「常時さいだいHP+40」が取れなくなるので、
ホイミンとの耐久力差はより深刻に広がります。


戦闘に出さないのであれば「キメラのつばさ」が使える分キメラの圧勝。
戦闘に出すのであればホイミンに耐久力で完敗。
そんな感じのポジションです。

「ソロプレイヤー用大型コンテンツ」の為に育成するのであれば、
ホイミスライムを育てておいた方がよいかもしれません。

キメラのつばさ用に育てるならこんな感じ?(適当
仲間モンスター用スキルシミュレータ(キメラ)






モーモン
ホイミンのステータスと比べると、
HP+25、MP-5、みのまもり-10、回魔-60。

HPが高いのは高評価ですが、流石に回魔が低すぎる感があります。

さらに「ひかりモーモン」で習得できる魔法はベホイミのみ。
ベホマラーもザオラルもありません。
僧侶としてやって行く以上、マラーとザオは必須ですが
追加スキルで取得しようとすると全くポイントが足りません。
マラーとザオ取っただけで終わります。
僧侶は諦めましょう。

ベホイミが使える補助役として生きるか、
ベホイミが使えるアタッカーとして生きる必要があるでしょう。
ベホイミが使える補助役だとホイミンの劣化になってしまうので、
アタッカーとして生きる必要がありそうです。

しかし装備できる武器がスティックしかない時点で、
アタッカーとして生きるのはかなり厳しいものがあります。

ラブリーフェイスは敵全体に魅了効果、
ホラーフェイスは敵全体にショック効果というかなり強力な技らしいですが、
AIが賢くないのであんまり使ってくれないそうです。

どうしようもないかも…。
仲間モンスター用スキルシミュレータ(モーモン)






マジカルハット
賢者的ポジションにいる豚。
賢者なので攻撃魔法も使えますが、
ねこまどう先生やフォンデュに比べると無に等しい火力しか出ないので、
攻撃魔法はスッパリ切って僧侶として運用した方が良い。
しかし攻撃魔法系である「ハットマジック」のスキルラインの最後に
ハットイルージョンという魅力的なスキルがある為、切るに切れないというジレンマ。


ホイミンのステータスと比べると、
HP-10、MP+140、みのまもり-80、回魔-40。

特筆すべきはそのMPの多さ。
全仲間モンスター中でもぶっちぎり第一位のMP量を誇ります。

マホトラハットで敵からMPを奪い、
やすらぎハットで敵を1匹倒すごとにMPが2回復するので、
MPの持ちの良さはトップクラスかもしれません。
これでMPパサーが使えれば電池として活躍の場が結構あったろうに。


そしてみのまもりの低さが致命的。
全仲間モンスター中でもぶっちぎり最下位の柔らかさを誇ります。
HPの低さも最下位のキメラに次いで下から2番目。
総合的な耐久力の低さではキメラと並ぶか、もしかしたら最下位かもしれません。

「ブヒブヒール」で習得できる魔法はザオ、ベホイム、ザオリク。
一番欲しいザオラルとベホイミがすっぽり抜けてます。
ベホイムとザオリクがあるので最低限以上の仕事はしてくれますが、
無駄な詠唱時間の長さが気になるはず。


ハットイルージョンは味方1人の状態異常を回復する技です。
麻痺や呪いや魅了などを解除するのはもちろん、
はげしいおたけびの転倒状態やショック状態も即座に解除し、
挙句にはムッチーノ化まで解除できるという噂です。
恐らくありとあらゆる全ての状態以上を解除できる?
地味ながら無限の可能性を秘めている技です。

が、基本的に状態異常はキラポンで防ぐし、
キラポンで防げないような技を使ってくる強敵に豚を連れて行くことがまず有り得ないというのがネック。
要するに出番がない。

ソロダンジョン内でキラポンで防げない凶悪な状態異常技を使ってくるボスが
出現するようであれば豚にワンチャンあるのかもしれません。
しかし豚が先にその状態異常をくらって詰むビジョンしか見えない。

マジカルハッ。
仲間モンスター用スキルシミュレータ(ハッ)



長くなりすぎた。
しかも字ばっかでめっちゃ読み辛い。

魔法アタッカー型とか、
物理アタッカー型についても色々書いてましたが、
結局は「僧侶型」を育てておくのが一番良いという結論に達したので、
わざわざ記事として載せる必要もない気がしてきた。


とりあえず、結論としてはホイミンです。
何を育てるか迷ってる人は、ホイミンを育てることをオススメしておきます。



ブログランキング登録中。
よかったらクリックお願いします。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ


 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

むらぽん

Author:むらぽん

ギャラリー


byニコ画伯

ブログランキング



ツイッター

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © ぽん日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。